文化的な日々

映画、音楽、美術、文学などについて、その日に鑑賞した感想等を中心に書いていましたが、現在は趣味が高じて、クラシック情報、しかもコンクール情報に特化した情報ブログにと変貌を遂げております。どうせ、この道に入ったのならと、日本一、最強コンクール情報ブログを目指す覚悟です。

未掲載のコンクール情報がありましたら、ご連絡下さい。
確認が取れたものについては、掲載させて頂きます。

[2017/5/26]ヤマハ音楽振興会が主催する、第2回ヤマハジュニアピアノコンクールの九州エリアファイナルが5月21日、北九州市立響ホールで行われ、D部門では佐藤が優秀賞を受賞して、7月25日と26日に東京の紀尾井ホールで行われるグランドファイナルへの進出を決めた。

審査結果は次の通り。

【優秀賞】
佐藤詩織
【奨励賞】
島津幸実


[2017/5/24]ヤマハ音楽振興会が主催する、第2回ヤマハジュニアピアノコンクールの東北エリアファイナルが5月21日、仙台市のイズミティ21(仙台市泉文化創造センター)小ホールで行われ、D部門では阿部が優秀賞を受賞して、7月25日と26日に東京の紀尾井ホールで行われるグランドファイナルへの進出を決めた。
(タイトル学年は申し込み時)

審査結果は次の通り。

【優秀賞】
阿部藤雅
【奨励賞】
斉藤裕大

★参考★
第1回グランドファイナルD部門審査結果


[2017/5/25]第9回神戸国際フルートコンクールがいよいよ本日、第1次審査から開幕する。すでに予備審査で18カ国1地域の出場承認者53人が決定しており、日本勢は上野をはじめ8人が出場する。

日本勢の顔ぶれは次の通り。

秋元万由子
松木さや
下払桐子
多久和怜子
上野星矢
脇坂 颯
八木瑛子
山内美慧

まず現時点では、史上最強のメンバーといっても過言ではない。

なお審査員は次の通り。

酒井秀明(審査委員長)
アンドラーシュ・アドリヤン(デンマーク)
フィリップ・ベルノルド(フランス)
エミリー・バイノン(イギリス)
ヴァリー・ハーゼ(ドイツ)
ミヒャエル・マルティン・コフラー(オーストリア)
神田寛明
工藤重典
ユン・ヘリ(韓国) 

※当初審査員に就任予定だったティモシー・ハッチンス(カナダ)は、急遽手術のため来日出来なくなり、その代わりに運営委員長の神田寛明が、新たに審査員に就任した。


63e7a84d.jpg[2017/5/24]ビルボード・ジャパン・トップ・クラシカル・アルバムのトップ10の2017/5/29付チャートは次の通り。

【1】(1)
「Hope」
リベラ

【2】(2)
「J.S.Bach:Solo Works for Marimba」
加藤訓子

【3】(3)
「amour」
宮本笑里

【4】(4)
「0歳からの育脳クラシック」
(オムニバス)

【5】(5)
「BEST OF THE THREE VIOLINISTS」
葉加瀬太郎,高嶋ちさ子,古澤巌

【6】(2)
「あなた〜よみがえる青春のメロディー」
山田姉妹

【7】(再)
「Piano Love II」
大井健

【8】(再)
「ショパン:ピアノ協奏曲第1番、バラード集」
チョ・ソンジン

【9】(再)
「すぎやまこういち交響組曲ドラゴンクエストI〜VII」
すぎやまこういち,ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

【10】(6)
「バッハ:ゴルトベルク変奏曲」
小山実稚恵


[2017/5/24]全日本ピアノ指導者協会が主催する、第41回ピティナ・ピアノコンペティションの市川地区予選が5月20日、千葉県市川市の市川市文化会館小ホールで行われ、審査の結果、ソロ部門D〜F級&グランミューズ部門Jカテゴリーでは、大塚ら4人が予選優秀賞を受賞して、地区本選への進出を決めた。

審査結果は次の通り。

《D 級》
峰 ももな

《F 級》
大塚美空
佐々木 育

《Jカテゴリー》
堀井万由子

なお審査は、石崎久子(審査員長)、田口 翔、永井礼子、中島卓郎、宮崎世利子が担当した。

[参加資格]
D級=中学2年生以下
E級=高校1年生以下
F級=高校3年生以下
Jカテゴリー=中学3年以上、高校3年以下


[2017/5/24]NPO法人関西芸術文化支援の森ゆずりはが主催する、第6回ゆずりはコンサートが8月13日、神戸市の兵庫県立芸術文化センター神戸女学院小ホールで開催される。同コンサートでは収益の一部が東日本大震災の被災地に寄付される。

出演メンバーは次の通り。

藤本理子(ピアノ)
大倉梨沙子(同)
槌田ねね(サクソフォン)
梶原真季(同)
岸元大周(ピアノ)
池内里花(マリンバ)
宇治澤一光(ピアノ)
渡邉いちご(同)
早川萌子(オーボエ)
芝野速大(ピアノ)
中川雲母(ヴァイオリン)
藪内弥侑(ピアノ)
金田麻友子(同)
小西稔大(サクソフォン)
上田萌恵(同)
猿渡瑞季(フルート)
内藤菜穂子(ピアノ)

★参考★
第5回出演メンバー
第4回出演メンバー
第3回出演メンバー



[2017/5/24]静岡県はこのほど、2017年度県文化奨励賞の受賞者を発表、音楽関係では、斉藤が選ばれた。

斉藤は、1965年生まれ、静岡県出身。東京芸大作曲科卒。大学在学中にヴァイオリニストの葉加瀬太郎、ベーシストの竹下欣伸とクライズラー&カンパニー(1996年解散)を結成、活躍したことで知られる。

今回の受賞は、作曲家として同県のリコーダーグループやオーケストラに多くのリコーダー楽曲を提供し、リコーダー愛好家の支持を得ていることが評価されたもの。

[2017/5/24]兵庫県の加古川市などが主催する、第14回ウェルネス加古川新人演奏会(旧・アラベスクホール新人演奏会)が6月4日、加古川ウェルネスパーク アラベスクホールで開催される。

出演メンバーは次の通り。
(大学名は出身大学)

岩崎捺美(サクソフォン、大阪音大短大部)
遠藤優美(ピアノ、京都市立芸大)
大加戸まゆ(コントラバス、同)
大谷絵理奈(ピアノ、京都女子大)
澤 駿介(トランペット、相愛大)
西田早希(サクソフォン、大阪音大)
広瀬志保(マリンバ、大阪音大)
三浦菜摘(ソプラノ、神戸女学院大)
横山璃乃(サクソフォン、大阪音大)
吉田早織(クラリネット、同志社女子大)
吉田由希乃(同、大阪音大)

★参考★
第13回出演メンバー
第12回出演メンバー
第11回出演メンバー



[2017/5/23]石川県ピアノ協会が主催する、第4回いしかわ国際ピアノコンクール(隔年開催)でこのほど、予備審査(テープ審査)が行われ、8月10日と11日に石川県立音楽堂コンサートホールで行われる予選への進出者が決定した。

大学・一般部門の予選進出者は次の通り。


井川 華
池田 菫
石瀬あやめ
石瀬すみれ
小川巧真
小澤美玲
黒岩航紀
小森野枝
近藤花加
松田絵美
森 弓花
山下紗也華
山本弥香
山本桃菜
山本祐未
Myeong-han kim
Hyun-ji Kim
Yun-ji Lee
Hyo-eun Park
Xiyuan Zhen

なお黒岩は、2015年開催の第84回日本音楽コンクールのピアノ部門で優勝している。国内のコンクールで最高位とされる音コンで優勝した覇者が、その後コンクールに出ることは実はあまりない。すでにステータスが確立されて、コンクールに出なくてもプロとして十分やっていけるからだ。
かりに出場して下手な成績を残した場合、マイナスイメージがついてしまう。が、なかにはそういうハンデを物ともせず、果敢にチャレンジする覇者たちがいることも事実だ。
直近では、吉田友昭(第79回音コン覇者)が第34回飯塚新人音楽コンクールのピアノ部門に出場したケース(2015年)がある。この時は、東京音大大学院の藤田健夫が優勝、吉田は2位に甘んじ、関係者に衝撃を与えた。

★参考★
第3回(2015年)大学・一般部門本選審査結果

[2017/5/23]石川県ピアノ協会が主催する、第4回いしかわ国際ピアノコンクール(隔年開催)でこのほど、予備審査(テープ審査)が行われ、8月10日と11日に石川県立音楽堂コンサートホールで行われる予選への進出者が決定した。

高等学校部門の予選進出者は次の通り。
(タイトル学年は申し込み時)

今井理子
浦野未友花
奥 なゆみ
金田潤之介
加森日奈子
金 玲花
黒澤優芽
黒田桃花
齊野晴香
坂本愛実
佐々木由衣
白澤あまね
千葉まりん
塚田千華
那須晴樹
波田紗也歌
福島衣里
増田茉莉亜
松橋凌大
宮本夏葵
Anson Ying Shun Wong

★参考★
第3回(2015年)高等学校部門本選審査結果

このページのトップヘ