文化的な日々

映画、音楽、美術、文学などについて、その日に鑑賞した感想等を中心に書いていましたが、現在は趣味が高じて、クラシック情報、しかもコンクール情報に特化した情報ブログにと変貌を遂げております。どうせ、この道に入ったのならと、日本一、最強コンクール情報ブログを目指す覚悟です。

未掲載のコンクール情報がありましたら、ご連絡下さい。
確認が取れたものについては、掲載させて頂きます。

[2020/4/7]おなじみのNHK-FM「ベスト・オブ・クラシック」(19:30〜21:10)の時間枠で、「オランダのオーケストラ(2)オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団2」が放送される。案内は田中奈緒子。

曲目は次の通り。
(NHK番組サイトから転載)

「歌劇「『オベロン』序曲」 
ウェーバー作曲
(9分20秒)
(管弦楽)オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)ケレム・ハサン

「ピアノ協奏曲 イ短調 作品16」 
グリーグ作曲
(29分29秒)
(ピアノ)シモン・トルプチェスキ
(管弦楽)オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)ケレム・ハサン

「ヴァイオリン・ソナタ第3番 ハ短調 作品45 から第2楽章」
グリーグ作曲
(5分05秒)
(ヴァイオリン)ヨリス・ファン・レイン
(ピアノ)シモン・トルプチェスキ

「叙情小曲集第1集 作品12 から アリエッタ」
グリーグ作曲
(1分21秒)
(ピアノ)シモン・トルプチェスキ

「交響曲第2番 二長調 作品73」 
ブラームス作曲
(37分46秒)
(管弦楽)オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)ケレム・ハサン

[2020/4/6]大阪の枚方演奏家クラブと枚方市文化国際財団が主催する、第30回枚方新人演奏会が5月24日、枚方市立メセナひらかた会館多目的ホールで開催される。なお新型コロナウイルスの感染症対策として、観客定員は350人から160人に変更して行われる。

出演メンバーは次の通り。
(いずれも各大学を今年卒業)

福田莉咲(ソプラノ、大阪音大)
石田有沙(クラリネット、同)
鍵谷沙由美(ピアノ、同志社女子大)
江戸春乃(フルート、大阪教育大)
上野真央(サクソフォン、相愛大)
清水怜名(ピアノ、同志社女子大)

[2020/4/6]一般社団法人日本ピアノ演奏協会が主催する、第5回JPPAピアノコンクールの全国大会・総合全国大会(プレミアム)が4月1日、横浜みなとみらいホール小ホールで行われ、審査の結果、中原らが上位入賞を果たした。

審査結果は次の通り。
(中学生以上を掲載、タイトル学年は現在)

[第5回全国大会]
《中学生のピアノコンクール》
【金 賞】
片岡琴佑
【銅 賞】
宗像琴美

《高校生のピアノコンクール》
【金 賞】
井上ルークアーサー龍太郎
【銅 賞】
宮本愛未
【奨励賞】
西山瑞姫

《大学生のピアノコンクール》
【銅 賞】
中原豪志

《大人のピアノコンクール プロフェッショナル部門》
【努力賞】
中川裕子

《大人のピアノコンクール スタンダード部門》
【銀 賞】
吉田聖子

《大人のピアノコンクール ミューザ部門》
【銅 賞】
入江明憲
【努力賞】
中野洋美
西川嘉人

《英雄ポロネーズピアノコンクール》
【第2位】
中野洋美
【努力賞】
矢野恒徳

[第5回総合全国大会(プレミアム)]
《中学生のピアノコンクール》
【第2位】
宗像琴美

《高校生のピアノコンクール》
【第1位】
井上ルークアーサー龍太郎
【第4位】
宮本愛未
【JPPA希望賞)
西山瑞姫

《大人のピアノコンクール プロフェッショナル部門》
【第3位】
中川裕子

《大人のピアノコンクール スタンダード部門》
【第2位】
吉田聖子

《大人のピアノコンクール ミューザ部門》
【第3位】
中野洋美
【優秀賞】
入江明憲
【努力賞】
西川嘉人

《英雄ポロネーズピアノコンクール》
【審査員特別賞】
中野洋美

★参考★

[2020/4/6]おなじみのNHK-FM「ベスト・オブ・クラシック」(19:30〜21:10)の時間枠で、「オランダのオーケストラ(1)オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団1」が放送される。案内は田中奈緒子。

曲目は次の通り。
(NHK番組サイトから転載)

「ロシア序曲 作品72」 
プロコフィエフ作曲
(14分06秒)
(管弦楽)オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)ハンヌ・リントゥ

「バイオリン協奏曲 ニ長調 作品35」
チャイコフスキー作曲
(35分29秒)
(ヴァイオリン)アウグスティン・ハーデリヒ
(管弦楽)オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)ハンヌ・リントゥ

「組曲『展覧会の絵』」
ムソルグスキー作曲、ラヴェル編曲
(36分13秒)
(管弦楽)オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)ハンヌ・リントゥ

[2020/4/5]公益財団法人サントリー芸術財団はこのほど、東京都内で理事会を開き、第51回サントリー音楽賞を河村に授与すると決定、2日に発表した。賞金は700万円。

詳しくは、サントリー芸術財団ホームページ にアクセス!

[2020/4/5]NHK-FM は、4月5日から、新番組「✕(かける)クラシック」(毎週日曜14:00〜15:50、再放送は翌日 毎週月曜 07:25〜09:15)をスタートさせる。

MCは、サクソフォン奏者の上野耕平とモデルの市川紗椰。主にCDで構成される放送内容だ。

同番組ホームページによる番組紹介は次の通り。

番組のキーワードは、ずばり、「○○○×(かける)クラシック」。クラシックとそれ以外の様々なジャンルを掛け合わせてご紹介!
テーマとして○○○に入るのは、鉄道・小説・アニメ・旅行・ファッションといった趣味のジャンルから、恋愛・季節の話題まで様々。気軽なトークと音楽を“クロスオーバー”に楽しむ、クラシック・バラエティです。

4月のテーマは 鉄道 × クラシック

放送曲目は次の通り。

「ポルカ“テープは切られた”」
エドゥアルト・シュトラウス:作曲
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)ウィリー・ボスコフスキー
(2分19秒)

「サクソフォン協奏曲“サイバーバード から 第3楽章 風の鳥」
吉松隆:作曲
(サクソフォン)上野耕平
(ピアノ)山中惇史
(パーカッション)石若 駿
(管弦楽)東京フィルハーモニー交響楽団
(指揮)アンドレア・バッティストーニ
(6分05秒)

「チャールダーシュ」
モンティ:作曲
(ヴァイオリン/演奏)
ロビー・ラカトシュ&ヒズ・アンサンブル
(4分09秒)

「ディヴェルティメント から 第1楽章(抜粋)」
バルトーク:作曲
(管弦楽)ポーランド室内管弦楽団
(指揮)イェジー・マクシミウク

「歌劇“アクナーテン”から“アテン賛歌”(抜粋)」
フィリップ・グラス:作曲
(カウンターテナー)アンソニー・ロス・コスタンツォ
(演奏)レ・ヴィオロン・ドゥ・ロワ
(指揮)ジョナサン・コーエン

「“四季”から“冬”〜第1楽章」
ヴィヴァルディ:作曲
(演奏)イタリア合奏団
(3分34秒)

「交響曲第1番 から 第1楽章(抜粋)」
ブラームス:作曲
(管弦楽)北ドイツ放送交響楽団、(指揮)ギュンター・ヴァント

「ヴァイオリン協奏曲 から 第1楽章(抜粋)」
グラズノフ:作曲
(ヴァイオリン)ギル・シャハム
(管弦楽)ロシア・ナショナル管弦楽団
(指揮)ミハイル・プレトニョフ

「喜歌劇“こうもり”序曲」
ヨハン・シュトラウス:作曲
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)カルロス・クライバー
(8分01秒)

「交響曲第8番 から 第1楽章(抜粋)」
マーラー:作曲
(合唱)バイエルン放送合唱団
(合唱)北ドイツ放送合唱団
(合唱)RIAS室内合唱団ほか
(管弦楽)フランクフルト放送交響楽団
(指揮)エリアフ・インバル

「“四季”から“春”〜第1楽章」
ヴィヴァルディ:作曲
ルカ・スーリッチ:編曲
(チェロ)ルカ・スーリッチ
(演奏)サンタ・チェチーリア・アカデミア弦楽合奏団
(3分14秒)

さて、どうなることやら…

[2020/4/4]おなじみのNHK-FM「N響  ザ・レジェンド」(19:20〜21:00)で、「サヴァリッシュのベートーベン」が放送される。案内は檀 ふみ、解説は池辺晋一郎。

「交響曲第7番 イ長調 作品92」 
ベートーベン作曲
(37分00秒)
(管弦楽)NHK交響楽団
(指揮)ウォルフガング・サヴァリッシュ

「序曲『コリオラン』作品62」
ベートーベン作曲
(8分10秒)
(管弦楽)NHK交響楽団
(指揮)ウォルフガング・サヴァリッシュ
(東京文化会館で収録  1970年4月30日)

「交響曲第7番 イ長調 作品92」
ベートーベン作曲
(43分00秒)
(管弦楽)NHK交響楽団
(指揮)ウォルフガング・サヴァリッシュ
(NHKホールで収録  2004年11月13日)

[2020/4/3]出光興産はこのほど、第30回出光音楽賞の発表を行ない、藤田らの受賞が決まった。賞金は各300万円。

受賞者は次の通り。

佐藤晴真(チェロ)
服部百音(ヴァイオリン)
藤田真央(ピアノ)

出光音楽賞は、同社が主催する音楽賞で、主にクラシックの音楽活動を対象に、育成という観点から意欲、素質、将来性などに重きを置き、新進の音楽家を顕彰している。

前回は、牛田智大、郷古 廉らが受賞している。

[2020/4/3]日本ショパン協会は、3月18日に理事会を開催し、小林 仁会長が退任して顧問に就任、代わって海老彰子が新会長に就任するという人事を決定した。4月1日付。

同協会は1960年8月1日に、フレデリック・ショパン生誕150年を記念して設立された。本部は東京で、全国に6支部を持つ。会長はこれまで、 高折宮次、野村光一、安川加壽子、小林 仁が務めてきた。なかでも小林は1996年に就任、24年間も会長職にあった。海老は第5代会長となる。

[2020/4/3]おなじみのNHK-FM「ベスト・オブ・クラシック」(19:30〜21:10)の時間枠で、「ドビュッシー没後100年 室内楽演奏会」が放送される。案内は田中奈緒子。

「ピアノ三重奏曲 ト長調」 
ドビュッシー作曲
(21分45秒)
(ヴァイオリン)川久保賜紀
(チェロ)遠藤真理
(ピアノ)三浦友理枝

「二つのアラベスク」
ドビュッシー作曲
(8分20秒)
(ハープ)吉野直子

「ハープと弦楽のための舞曲 神聖な舞曲と世俗的な舞曲」
ドビュッシー作曲
(9分45秒)
(ハープ)吉野直子
(ヴァイオリン)川久保賜紀
(ヴァイオリン)小林美恵
(ヴィオラ)川本嘉子
(チェロ)遠藤真理

「パンの笛」 
ドビュッシー作曲
(2分24秒)
(フルート)上野由恵

「フルート、ヴィオラ、ハープのためのソナタ」 
ドビュッシー作曲
(17分32秒)
(フルート)上野由恵
(ヴィオラ)川本嘉子
(ハープ)吉野直子

「チェロ・ソナタ」 
ドビュッシー作曲
(10分02秒)
(チェロ)遠藤真理
(ピアノ)三浦友理枝

「ヴァイオリン・ソナタ」 
ドビュッシー作曲
(13分55秒)
(ヴァイオリン)川久保賜紀
(ピアノ)三浦友理枝

このページのトップヘ