文化的な日々

映画、音楽、美術、文学などについて、その日に鑑賞した感想等を中心に書いていましたが、現在は趣味が高じて、クラシック情報、しかもコンクール情報に特化した情報ブログにと変貌を遂げております。どうせ、この道に入ったのならと、日本一、最強コンクール情報ブログを目指す覚悟です。

未掲載のコンクール情報がありましたら、ご連絡下さい。
確認が取れたものについては、掲載させて頂きます。

[2024/05/20]日本ショパン協会北海道支部と北海道新聞社が主催する、第23回北海道ショパン学生ピアノコンクールの本選が5月19日、札幌市の札幌コンサートホール Kitara 小ホールで行われ、審査の結果、一般の部では、清水が金賞を受賞して優勝を果たした。

審査結果は次の通り。

【金    賞】
清水柚衣
【銀    賞】
宮本桃花
【銅    賞】
万城目綾子

[2024/05/20]日本ショパン協会北海道支部と北海道新聞社が主催する、第23回北海道ショパン学生ピアノコンクールの本選が5月19日、札幌市の札幌コンサートホール Kitara 小ホールで行われ、審査の結果、大学生の部では、伊藤が金賞を受賞して優勝を果たした。

審査結果は次の通り。

【金    賞】
伊藤大晴(北海道教育大岩見沢校2年)
【銀    賞】
杉山瑞歩(東京芸大1年)
【銅    賞】
中村    結(札幌大谷大4年)

[2024/05/20]日本ショパン協会北海道支部と北海道新聞社が主催する、第23回北海道ショパン学生ピアノコンクールの本選が5月19日、札幌市の札幌コンサートホール Kitara 小ホールで行われ、審査の結果、高校生の部では、千葉が金賞を受賞して優勝を果たした。

審査結果は次の通り。

【金    賞】
千葉太智(札幌大谷高3年)
【銀    賞】
星    陽太(市立札幌開成中等教育学校4年)
【銅    賞】
松下征樹(札幌市立旭丘高2年)
【奨励賞】
川合快歩(北海道立函館中部高1年)

[2024/05/20]日本ショパン協会北海道支部と北海道新聞社が主催する、第23回北海道ショパン学生ピアノコンクールの本選が5月19日、札幌市の札幌コンサートホール Kitara 小ホールで行われ、審査の結果、中学生の部では、佐藤が金賞を受賞して優勝を果たした。

審査結果は次の通り。

【金    賞】
佐藤史悠(北海道教育大付属札幌中3年)
【銀    賞】
木村日鞠(藤女子中3年)
【銅    賞】
河邊茉実(札幌市立中島中2年)
【奨励賞】
松下夏穂(札幌市立真栄中2年)
島崎嘉楽(苫小牧市立青翔中3年)
宮内哲平(札幌市立北辰中1年)

[2024/05/19]ベルギーのブリュッセルで開かれている、エリザベス王妃国際音楽コンクール 2024(今年はヴァイオリン部門)でこのほどセミファイナルが行われ、審査の結果、吉田がファイナル進出を決めた。吉田と同じくセミファイナルに出場した吉江美桜は惜しくも涙を飲んだ。ファイナルは5月27日から行われる。

吉田以外のファイナル進出者は次の通り。

Hana Chang(アメリカ)
Dayoon You(韓国)
Karen Su(アメリカ)
Ruslan Talas(カザフスタン)
Anna Im(韓国)
Elli Choi(アメリカ)
SongHa Choi(韓国)
Julian Rhee(アメリカ)
Kevin Zhu(同)
Dmytro Udovychenko(ウクライナ)
Joshua Brown(アメリカ)

[2024/05/19]第35回国際古楽コンクール<山梨>(同実行委員会主催)の本選が4月28日、山梨県甲府市の山梨県立図書館多目的ホールで行われ、審査の結果、山根が日本勢トップの第3位に入賞を果たした。

審査結果は次の通り。

【第1位】
該当者なし
【第2位】
ロドリゴ・ベリオ(チェンバロ)
【第3位】
山根友紀(フォルテピアノ)
【審査委員奨励賞】
森田 凪(フォルテピアノ)

[2024/5/19]台東区芸術文化財団が主催する、第35回奏楽堂日本歌曲コンクール歌唱部門の第2次予選が5月18日、東京の台東区立旧東京音楽学校奏楽堂で行われ、審査の結果、上村ら10人が5月26日に同ホールで行われる本選への進出を決めた。

本選進出者は次の通り。

氏家和歌子
田中裕太
上村誠一
石田 滉
佐藤克彦
塩谷靖子
大津佐知子
森 翔梧
山田知加
藤原優花

なお審査は、竹澤嘉明(審査委員長)、釜洞祐子(審査副委員長)、青山恵子、小原 孝、木下牧子、小泉惠子、腰越満美、坂元勇仁、関 定子、塚田佳男、永井和子、松井康司、三縄みどり、山口道子 が担当した。


★参考★
[第34回本選審査結果]
【第1位】田中雅史(バリトン)
【第2位】松岡多恵(ソプラノ)
【第3位】上村誠一(カウンターテナー)
【奨励賞】高橋希実(ソプラノ)

[2024/05/17]「文化的な日々」では、数々の海外コンクールの審査結果を掲載しておりますが、読者の方々から、載らないコンクールもある、とか、予選だけ載ってファイナルの結果が載っていない、などのご指摘がたまにあります。

なので、ここで当ブログの、海外コンクール掲載にあたっての考え方をご説明しておきたいと思います。

まず、世界に1,000以上はあると言われるクラシックのコンクールをすべて把握すること、これははっきりいって無理です。そこで当然ですが、入手できた情報だけに基づいて掲載することになるわけですね。このへんはごく当たり前のことでしょう。

ここからですが、当ブログでは、原則的に日本国籍を持つプレーヤー(コンテスタント)が参加していることを掲載の条件としております。つまり、かなり大きなコンクールでも日本勢がゼロという場合には掲載いたしません。まぁこれも多くのブログがそうだと言えますね。

さらに当ブログでは、予選の段階で日本勢が入っている場合でも、そこから先の審査の段階で日本勢ゼロになった場合には、基本的にそれ以降は掲載いたしません。著名なコンクールに限っては例外的に掲載することもありますが、ほとんどのコンクールについては、そこで掲載終了となります。

以上のような管理人の勝手な考え方に従い、海外コンクールについては、今後も掲載していく方針です。
何卒よろしくお願いいたします。

「文化的な日々」管理人

[2024/05/17]オランダで開催されていた、ゴールド国際クラシックミュージックコンクールのピアノ部門のファイナルがこのほど行われ、審査の結果、カテゴリーIVで、吉田がグランプリを受賞して優勝を果たした。

[2024/05/17]おなじみのNHK-FM「ベスト・オブ・クラシック」(19:30〜21:10)の時間枠で、「N響第2011回定期公演〜ファビオ・ルイージ指揮」が放送される。解説は越懸澤麻衣。案内は金子奈緒。

曲目は次の通り。
(NHK番組サイトから転載)

「『夏の夜の夢』の音楽 から『序曲』『夜想曲』『スケルツォ』『結婚行進曲』」
作曲: メンデルスゾーン
(管弦楽)NHK交響楽団
(指揮)ファビオ・ルイージ

「交響曲  第5番  ニ短調  作品107『宗教改革』」
作曲: メンデルスゾーン
(管弦楽)NHK交響楽団
(指揮)ファビオ・ルイージ

このページのトップヘ