文化的な日々

映画、音楽、美術、文学などについて、その日に鑑賞した感想等を中心に書いていましたが、現在は趣味が高じて、クラシック情報、しかもコンクール情報に特化した情報ブログにと変貌を遂げております。どうせ、この道に入ったのならと、日本一、最強コンクール情報ブログを目指す覚悟です。

未掲載のコンクール情報がありましたら、ご連絡下さい。
確認が取れたものについては、掲載させて頂きます。

[2020/9/30]毎日新聞社が主催する、第74回全日本学生音楽コンクールの5地区の地方大会予選が9月27日までにすべて終了、このあと10月16日の東京大会フルート部門中学校の部を皮切りに地方大会本選が開催される。そこで、出揃った各地方大会本選出場者を部門・クラス毎に紹介しておこう。

今回は第1回として、ピアノ部門中学校の部の各地方大会本選出場者を掲載する。

《東京大会》
山下宗一郎(本郷中2年)
長谷川美紀(日立市立多賀中3年)
鈴木 藍(鎌倉市立御成中2年)
永田優風(八王子市立横山中2年)
加藤皓介(杉並区立高井戸中2年)
片岡琴佑(江戸川区立篠崎第二中2年)
深津天馬(渋谷教育学園幕張中1年)
山本亜依(女子学院中2年)
小倉 恵(横浜市立富岡中1年)
安斎 華(郡山市立郡山第七中2年)
大西透子(世田谷区立瀬田中3年)
原田 怜(大和市立渋谷中3年)
幡野舞来(藤沢市立鵠沼中3年)
沖村裕太郎(世田谷区立緑丘中3年)
稲葉千隼(豊島区立巣鴨北中1年)

《大阪大会》
岸野花音(岸和田市立岸城中2年)
中田蒼唯(神戸市立大池中1年)
大石拓音(神戸市立本山中2年)
柴田 陽(和歌山大付属中1年)
小野口夕月(いの町立伊野中1年)
小田愛音(八尾市立高安中3年)
満月里久都(鯖江市立中央中2年)
中嶋 雫(彦根市立彦根中3年)
田中心優(河内長野市立美加の台学園中2年)
堀田夏稀(かほく市立高松中1年)
白石萌々音(西宮市立苦楽園中1年)

《名古屋大会》
大倉佳世(愛知教育大付属中2年)
石原琢巳(常滑市立鬼中2年)
玉置知幸(清須市立新川中1年)
間下梨香(津市立西橋内中2年)
角谷春奈(碧南市立南中1年)
夏目茉歩(名古屋市立北川中3年)
堀口拓馬(伊勢市立港中3年)
山内理桜菜(一宮市立尾西第一中3年)
篠田彩花(瑞穂市立巣南中3年)
石川美空(名古屋市立冨士中1年)
粂野心鞠(名古屋市立豊正中1年)
奥川真祷(瑞穂市立穂積中3年)

《北九州大会》
福田陽菜(山口大付属山口中2年) 
松浦侑平(高鍋町立高鍋東中3年)
中武宗志(青雲中3年)
岡崎理央(ルーテル学院中1年)
原口 涼(北九州市立黒崎中3年)
森 捷人(久留米大付設中3年)
朝山真佳(大野城市立大利中2年)
泉家梨紗(ルーテル学院中1年)

《北海道大会》
杉山瑞歩(札幌市立発寒中3年)
小野寺拓真(開成中等教育学校3年)
森 淳朗(札幌市立清田中2年)
齊藤衣咲(帯広市立第八中3年)
菅原琉聖(岩見沢市立光陵中3年)
伊藤凛音(北見市立北見南中2年)
大西花歩(藤女子中1年)
本間啓太郎(留萌市立留萌中3年)
土田裕利(札幌市立厚別南中3年)
早瀬 玲(北嶺中3年)
井上怜南(札幌市立伏見中2年)

★参考★

[2020/9/30]おなじみのNHK-FM「ベスト・オブ・クラシック」(19:30〜21:10)の時間枠で、「フィルハーモニア管弦楽団 演奏会」が放送される。案内は大林奈津子。
 
曲目は次の通り。
(NHK番組サイトから転載)
 
「組曲『クープランの墓』」
ラヴェル作曲
(17分40秒)
(管弦楽)フィルハーモニア管弦楽団
(指揮)エサ・ペッカ・サロネン
 
「ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47」
シベリウス作曲
(33分10秒)
(ヴァイオリン)庄司紗矢香
(管弦楽)フィルハーモニア管弦楽団
(指揮)エサ・ペッカ・サロネン
 
「『ネル・コル・ピウ』による変奏曲からテーマ」
パガニーニ作曲
(1分30秒)
(ヴァイオリン)庄司紗矢香
 
「バレエ音楽『春の祭典』」 
ストラヴィンスキー作曲
(34分40秒)
(管弦楽)フィルハーモニア管弦楽団
(指揮)エサ・ペッカ・サロネン
 

[2020/9/29]一般社団法人K国際コンクールが主催する、第4回Kクラシックピアノコンクール(映像審査)の本選審査がこのほど行われ、審査の結果、小田が最優秀賞を受賞して優勝を果たした。

審査結果は次の通り。

【最優秀賞】
小田花観
【優秀賞】
及川優希奈
澤 慶志郎
【準優秀賞】
亀山 歩
【奨励賞】
四宮妃望
筒井まり子

[2020/9/29]毎日新聞社が主催する、第74回全日本学生音楽コンクールの北九州大会ヴァイオリン部門高校の部予選が9月27日、北九州市立響ホールで行われ、審査の結果、月野ら7人が10月24日に同ホールで行われる本選への進出を決めた。

本選進出者は次の通り。

清原百合乃(大分県立別府鶴見丘高1年)
上野遥夏(福岡女学院高3年)
竹田颯太郎(福岡県立修猷館高2年)
森脇恵厘花(山口県立山口高3年)
毛利天音(福岡県立東筑高1年)
深町寧音(N高[福岡]2年)
月野彩也子(ルーテル学院高3年)

[2020/9/29]毎日新聞社が主催する、第74回全日本学生音楽コンクールの北九州大会ヴァイオリン部門中学校の部予選が9月27日、北九州市立響ホールで行われ、審査の結果、甲斐ら4人が10月24日に同ホールで行われる本選への進出を決めた。

本選進出者は次の通り。

目野萌々子(福岡雙葉中2年)
真砂結菜(福岡市立友泉中2年)
岩崎愛加(山口大付属光中3年)
甲斐さくら(福岡女学院中3年)

[2020/9/29]おなじみのNHK-FM「ベスト・オブ・クラシック」(19:30〜21:10)の時間枠で、「アルフィート・ガスト オルガン演奏会」が放送される。案内は田中奈緒子。再放送。

曲目は次の通り。
(NHK番組サイトから転載)

「幻想曲とフーガ ト短調 BWV542 」
バッハ作曲
(11分25秒)
(オルガン)アルフィート・ガスト

「『ライプチヒ・コラール集』から『いと高きところには神にのみ栄光あれ』BWV662」
バッハ作曲
(7分33秒)
(オルガン)アルフィート・ガスト

「ファンタジー 第2番」 
アラン作曲
(6分10秒)
(オルガン)アルフィート・ガスト

「『われらの神は堅きとりで』によるコラール幻想曲 作品27」
レーガー作曲
(13分42秒)
(オルガン)アルフィート・ガスト

「カンパネッラ風ロンド 作品156」
カルク・エラート作曲
(4分21秒)
(オルガン)アルフィート・ガスト

「『アド・ノス、アド・サルタレム・ウンダム』による幻想曲とフーガ」
リスト作曲
(30分02秒)
(オルガン)アルフィート・ガスト

「オルガン・ソナタ 第3番から 第2楽章」
メンデルスゾーン作曲
(2分25秒)
(オルガン)アルフィート・ガスト

以下、CDにて。

「トッカータ ヘ長調」 
ブクステフーデ作曲
(8分20秒)
(オルガン)アルフィート・ガスト


[2020/9/28]NHK-FM は、第89回日本音楽コンクール最終予選の模様を10月12日から16日までの5日間にわたって放送する。時間は例年通り午前7時25分から同9時15分まで。

放送日は次の通り。

10月12日 ピアノ部門第3予選
10月13日 ヴァイオリン部門第3予選
10月14日 ホルン部門第2予選
10月15日 チェロ部門第2予選
10月16日 声楽部門第2予選

なお同放送は、ネットでは「らじる★らじる」 だけでなく、「radiko」でも聴くことができる。

[2020/9/28]日本演奏家協会が主催する、第22回日本演奏家コンクールの弦楽器部門高校生の部本選が9月26日、横浜市のみなとみらいホール小ホールで行われ、審査の結果、青山が第1位となり、クラス優勝を果たした。

審査結果は次の通り。

【第1位】
青山 暖
【第2位】
水野琴音
【第3位】
西田 翔
田口桜子
尾脇眞子

※「暖」は「のん」と読む

[2020/9/28]毎日新聞社が主催する、第74回全日本学生音楽コンクールの北九州大会声楽部門大学の部予選が9月26日、北九州市立響ホールで行われ、審査の結果、吉野ら3人が10月23日に同ホールで行われる本選への進出を決めた。

本選進出者は次の通り。

塚元由菜(大分県立芸術文化短大1年)
吉野心悟(大分県立芸術文化短大専攻科1年)
梅本 遥(大分県立芸術文化短大2年)

[2020/9/28]毎日新聞社が主催する、第74回全日本学生音楽コンクールの北九州大会声楽部門高校の部予選が9月26日、北九州市立響ホールで行われ、審査の結果、森田ら15人が10月23日に同ホールで行われる本選への進出を決めた。

本選進出者は次の通り。

時任日向子(福岡女学院高2年)
木山真侍郎(大分県立大分上野丘高3年)
吉良彩伽(大分県立芸術緑丘高3年)
川内 悠(鹿児島県立松陽高3年)
高丸由鈴(梅光学院高3年)
脇本由生(活水高3年)
田原美歩(沖縄県立開邦高3年)
大久保唯斗(福岡市立福岡西陵高2年)
福川伽音(大分県立芸術緑丘高3年)
鈴木 薫(野田学園高3年)
佐藤玲菜(大分県立芸術緑丘高2年)
久家桜子(西南学院高2年)
後藤慈海(大分県立芸術緑丘高3年)
森田穂奈美(ルーテル学院高3年)
前田梨緒(長崎県立島原高2年)


このページのトップヘ