文化的な日々

映画、音楽、美術、文学などについて、その日に鑑賞した感想等を中心に書いていましたが、現在は趣味が高じて、クラシック情報、しかもコンクール情報に特化した情報ブログにと変貌を遂げております。どうせ、この道に入ったのならと、日本一、最強コンクール情報ブログを目指す覚悟です。

未掲載のコンクール情報がありましたら、ご連絡下さい。
確認が取れたものについては、掲載させて頂きます。

8b83379a.jpg[2017/3/22]ビルボード・ジャパン・トップ・クラシカル・アルバムのトップ10の2017/3/27付チャートは次の通り。

【1】(初)
「テイルズ オブ オーケストラコンサート2016 コンサートアルバム」
東京フィルハーモニー交響楽団

【2】(1)
「アニマ」
サラ・オレイン

【3】(6)
「0歳からの育脳クラシック」
(オムニバス)

【4】(初)
「J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」
ヨゼフ・シゲティ

【5】(4)
「チャイコフスキー:交響曲第5番」
アンドレア・バッティストーニ

【6】(再)
「リフレクションズ」
五嶋 龍

【7】(2)
「トリビュートロジー」
モルゴーア・クァルテット

【8】(15)
「ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番バガニーニの主題による狂詩曲」
反田恭平

【9】(再)
「レジェンド」
五嶋 龍

【10】(8)
「シューマン:《リーダー・クライス》《女の愛と生涯》,ベルク:初期の7つの歌」
内田光子


[2017/3/22]武蔵野音大が主催する、2016年度同大音楽学部新人演奏会(平成28年度卒業生による)が4月24日、東京・銀座のヤマハホールで開催される。

出演メンバーは次の通り。

大久保慧亮(打楽器)
阿部華苗(ホルン)
中川千尋(ピアノ)
三谷真珠子(ハープ)
金田直道(ファゴット)
森 万佑子(メゾソプラノ)
馬場翔太郎(ピアノ)

[2017/3/22]東京国際芸術協会が主催する、第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクールの東京本選(ピアノ、中学生・高校生・大学生)が3月16日、東京の五反田文化センター音楽ホールで行われ、審査の結果、今井ら21人が東京で行われる全国大会への進出を決めた。

本選進出者は次の通り。
(部門、賞別)

伊藤朱香(大学生、銅賞)
關 音々子(大学生、銅賞)
加藤友里(大学生、銅賞)
浅井和音(大学生、銅賞)
橘川美緒(中学生)
井上理璃子(中学生)
村田加奈(中学生)
忍田篤彦(中学生)
鈴木亜莉沙(中学生)
小野澤直輝(中学生)
草加明璃(中学生)
渡邉かのん(中学生)
庄司彩乃(中学生)
丸岡侑司(中学生)
江夏功一(中学生)
奥山みず希(高校生)
清水あかり(高校生)
曽田 響(高校生、銀賞)
三浦颯太(高校生、銀賞)
遠藤 環(高校生、銅賞)
今井梨緒(高校生、銀賞)

[2017/3/22]ヤマハ・ミュージック・ジャパンなどが主催する、ヤマハ管楽器新人演奏会の第33回金管楽器部門が6月5日、東京・銀座のヤマハホールで開催される。

出演メンバーは次の通り。

美濃部夏美(ユーフォニアム、国立音大)
吉田美月(トロンボーン、尚美学園大)
神山剛央(ユーフォニアム、尚美ミュージックカレッジ専門学校)
葛西 亮(ホルン、昭和音大)
浦井宏文(トランペット、洗足学園音大)
久保田遥大(テューバ、玉川大)
若林 毅(同、東京音大)
西村璃紗(ホルン、東京学芸大)
高瀬新太郎(トロンボーン、東京芸大)
三浦可南子(テューバ、東邦音大)
才木玲央奈(トロンボーン、桐朋学園大)
村野詩穂(テューバ、日本大)
阿部華苗(ホルン、武蔵野音大)

★参考★
第32回出演メンバー
第31回出演メンバー
第30回出演メンバー


[2017/3/22]ヤマハ・ミュージック・ジャパンなどが主催する、ヤマハ管楽器新人演奏会の第21回木管楽器部門が6月4日、東京・銀座のヤマハホールで開催される。

出演メンバーは次の通り。

金山佑真(サクソフォン、上野学園大)
西川彩子(フルート、国立音大)
柳澤大希(サクソフォン、尚美学園大)
飯塚恭平(同、尚美ミュージックカレッジ専門学校)
上原雅史(同、昭和音大)
貞頼 惠(オーボエ、洗足学園音大)
田辺友香(ファゴット、玉川大)
瀧本実里(フルート、東京音大)
田中奏一朗(サクソフォン、東京芸大)
堀田和磨(同、東邦音大)
富永綾香(フルート、桐朋学園大)
白鳥真佑(サクソフォン、日本大)
齋藤智香(フルート、フェリス女学院大)
金田直道(ファゴット、武蔵野音大)

★参考★
第20回出演メンバー
第19回出演メンバー
第18回出演メンバー



[2017/3/22]ヤマハ・ミュージック・ジャパンなどが主催する、ヤマハ管楽器新人演奏会の第35回クラリネット部門が6月3日、東京・銀座のヤマハホールで開催される。

出演メンバーは次の通り。

渡邉丞智(国立音大)
播磨 渉(尚美学園大)
近野千昌(尚美ミュージックカレッジ専門学校)
高橋美帆(昭和音大)
我妻里実(洗足学園音大)
横川莉沙(玉川大)
吉川清香(東京音大)
久保美桜(東京学芸大)
田村知子(東京芸大)
加藤千尋(東邦音大)
白石百合恵(桐朋学園大)
濱崎 彩(武蔵野音大)

第34回出演メンバー
第33回出演メンバー
第32回出演メンバー



[2017/3/21]一般社団法人K国際コンクールが主催する、第5回Kアマチュア音楽コンクールの本選が3月19日、東京・六本木のKコンサートサロンで行われ、審査の結果、山口が第3位となりトップの成績を収めた。

【第1位】
該当者なし
【第2位】
該当者なし
【第3位】
山口夏海(ヴァイオリン)
【優秀賞】
廣瀬瑠璃(ヴァイオリン)
磐佐琉人(ピアノ)
【奨励賞】
杉谷賢昭(バリトン)
築山道乃(ファゴット)
サクソフォン四重奏
直井萌華
寺門佳連
金山佑馬
田島 怜
高橋美妃(ソプラノ)
矢島恵子 (メゾソプラノ)
島田り里(ソプラノ)
井芹達也(ピアノ)
佐分利幸江(ソプラノ)
長澤洋子(ピアノ)
芝 優美子(同)
岡本真希子(同)
桝谷 真(テノール)
田中麗子(ソプラノ)
【Kアマチュア賞】
宇佐美聖子(ソプラノ)
安藤百世(ピアノ)
入江明憲(ヴァイオリン)

[2017/3/21]昨年度まで続いていた、いかるが音楽コンクールが今年度から、あおによし音楽コンクールとして、新たにスタートを切ることが明らかになった。

いかるが音楽コンクールは、奈良在住のピアニスト、奥谷夕子(現・同コンクールを主催する社団法人理事長)がアマチュアファゴット奏者の杉原恒臣(現・相談役)と2013年に立ち上げた全ジャンル対象の音楽コンクール。今年度から奈良県内の全市町村(市長会、町村会)からの後援を受けることになり、「あおによし音楽コンクール」と改名、新たにスタートを切ることになった。篠崎史紀(N響第1コンサートマスター)がアドバイザーを務めている。

第5回は、5月1日から参加受付を開始、奈良、神戸、東京で予選を実施したあと、11月18日に川西町コスモスホール、19日に大和高田さざんかホールで本選が行われる。

詳しくは 同コンクールホームページ にアクセス!

★参考★
第4回プロフェッショナル Section ピアノ音大生・院生部門審査結果
第4回同ピアノ高校生部門審査結果

[2017/3/22]日本ショパン協会はこのほど、第43回(2016年度)日本ショパン協会賞の受賞者にピアニストの岸 美奈子を選んだと発表した。同賞は年度内のピアノ演奏会で、ショパン作品に特に優れた演奏を示したピアニストに贈られる。授賞式は5月27日に東京・表参道のカワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」で行われる。

岸は、東京芸大付属高から東京芸大卒業。この間にモスクワ音楽院に留学している。渡部有子、三好泰子、須田真美子、多 美智子、セルゲイ・ドレンスキー、東 誠三に師事。現在は武蔵野音大非常勤講師。

主なコンクール歴は、第46回と第47回全日本学生音楽コンクール東京大会小学校の部奨励賞、第49回全日本学生音楽コンクール東京大会中学校の部第3位など。

★参考★
第42回受賞者
第41回受賞者(該当者なし)
第40回受賞者(該当者なし)


このページのトップヘ