文化的な日々

映画、音楽、美術、文学などについて、その日に鑑賞した感想等を中心に書いていましたが、現在は趣味が高じて、クラシック情報、しかもコンクール情報に特化した情報ブログにと変貌を遂げております。どうせ、この道に入ったのならと、日本一、最強コンクール情報ブログを目指す覚悟です。

未掲載のコンクール情報がありましたら、ご連絡下さい。
確認が取れたものについては、掲載させて頂きます。

[2021/10/18]おなじみのNHK-FM「ベスト・オブ・クラシック」(19:30〜21:10)の時間枠で「ロシアとアメリカのピアニスト(1)パヴェル・コレスニコ)」が放送される。案内は高山久美子。

曲目は次の通り。
(NHK番組サイトから転載)

「マズルカ 嬰ハ短調 作品63 第3」
ショパン:作曲
(1分41秒)

「ワルツ 変イ長調 作品42」
ショパン:作曲
(3分37秒)

「ノクターン 嬰ハ短調 作品27 第1」
ショパン:作曲
(5分05秒)

「バラード 第3番 変イ長調 作品47」
ショパン:作曲
(6分49秒)

「マズルカ イ短調 作品17 第4」
ショパン:作曲
(4分55秒)

「ピアノ・ソナタ イ短調 K.310」
モーツァルト:作曲
(15分15秒)

「ノクターン ホ長調 作品62 第2」
ショパン:作曲
(6分37秒)

「ピアノ・ソナタ イ長調 K.331『トルコ行進曲付き』」
モーツァルト:作曲
(17分48秒)

「幻想ポロネーズ 変イ長調 作品61」
ショパン:作曲
(13分54秒)

「前奏曲 変ニ長調『雨だれ』作品28 第15」
ショパン:作曲
(6分38秒)

「ワルツ イ短調 遺作」
ショパン:作曲
(2分29秒)

[2021/10/18]毎日新聞社が主催する、第75回全日本学生音楽コンクールの東京大会ヴァイオリン部門中学校の部本選が10月17日、東京・赤坂のサントリーホール・ブルーローズで行われ、審査の結果、松木が第1位となり優勝を果たした。第1位から第3位までと奨励賞3人の合わせて6人が11月28日に横浜みなとみらいホールで行われる全国大会への出場を決めた。 

審査結果は次の通り。

【第1位】
松木翔太郎(暁星中2年)
【第2位】
的場    桃(青山学院中2年)
【第3位】
荒川桐真(東京学芸大付属小金井中3年)
【奨励賞】
江畠篤也(暁星中2年)
増子明里(藤女子中2年)
山本遥花(三鷹市立第四中3年)

[2021/10/18]毎日新聞社が主催する、第75回全日本学生音楽コンクールの大阪大会ピアノ部門高校の部本選が10月17日、大阪市のザ・フェニックスホールで行われ、審査の結果、大山が第1位となり、優勝を果たした。第1位から第3位までの3人が11月25日から横浜みなとみらいホールで行われる全国大会への出場を決めた。 

審査結果は次の通り。

【第1位】
大山桃暖(大阪学芸高1年)
【第2位】
稲垣慈永(東大寺学園高3年)
【第3位】
藤本莉奈(広島県立海田高3年)
【奨励賞】
半田珠璃(広島女学院高2年) 
小田愛音(大阪府立夕陽丘高1年)
稲沢朋華(香川県立坂出高3年)

[2021/10/17]毎日新聞社が主催する、第75回全日本学生音楽コンクールの大阪大会ピアノ部門中学校の部本選が10月17日、大阪市のザ・フェニックスホールで行われ、審査の結果、坂下と中田が第1位となり、優勝を果たした。第1位と第2位の3人が11月25日から横浜みなとみらいホールで行われる全国大会への出場を決めた。 

審査結果は次の通り。

【第1位】
坂下幸太郎(内灘町立内灘中1年)
中田蒼唯(神戸市立大池中2年)
【第2位】
山名伶奈(姫路市立城乾中1年)
【第3位】
川下新乃(加賀市立東和中1年)
【奨励賞】
岸野花音(岸和田市立岸城中3年)
山田初音(奈良市立平城東中3年)

[2021/10/17]毎日新聞社が主催する、第75回全日本学生音楽コンクールの大阪大会ピアノ部門小学校の部本選が10月17日、大阪市のザ・フェニックスホールで行われ、審査の結果、神野が第1位となり、優勝を果たした。第1位から第3位までの3人が11月25日から横浜みなとみらいホールで行われる全国大会への出場を決めた。 

審査結果は次の通り。

【第1位】
神野莉来(京都市立二条城北小6年)
【第2位】
中山まどか(芦屋市立岩園小5年)
【第3位】
栗林萌華(仁川学院小6年)
【奨励賞】
関口想与(芦屋市立山手小6年)
井上柚季(吹田市立山手小5年)

[2021/10/17]毎日新聞社が主催する、第75回全日本学生音楽コンクールの東京大会ヴァイオリン部門小学校の部本選が10月17日、東京・赤坂のサントリーホール・ブルーローズで行われ、審査の結果、加藤が第1位となり優勝を果たした。第1位から第3位までと奨励賞3人の合わせて6人が11月28日に横浜みなとみらいホールで行われる全国大会への出場を決めた。 

審査結果は次の通り。

【第1位】
加藤碧晄(世田谷区立給田小6年)
【第2位】
桑原    唯(東京女学館小5年)
【第3位】
西尾美香(東京学芸大付属小金井小6年)
【奨励賞】
中村優里(北海道教育大付属札幌小6年)
篠崎千響(茨城大付属小5年)
井上佳音(世田谷区立船橋小6年)

[2021/10/17]ワルシャワで開催中の第18回ショパン国際ピアノコンクールの第3次予選が10月14日から16日まで行われ、審査の結果、日本勢の反田と小林を含む12人がファイナルへと駒を進めた。ファイナルは10月18日から20日まで行われる。

ファイナル進出者は次の通り。

レオノーラ・アルメッリーニ(イタリア)
ジュン・リ・ブイ(カナダ)
アレクサンダー・ガジェヴ(イタリア/スロベニア)
マルティン・ガルシア・ガルシア(スペイン)
エヴァ・ゲヴォルギアン(ロシア/アルメニア)
小林愛実
ヤクブ・クーシュリック(ポーランド)
イ・ヒョク(韓国)
ブルース(シャオユ)リウ(カナダ)
カミル・パホレッツ(ポーランド)
ハオ・ラオ(中国)
反田恭平

ファイナル進出が期待視されていた、かてぃんこと角野隼斗は惜しくも敗退、苦杯をなめた。

[2021/10/17]毎日新聞社が主催する、第75回全日本学生音楽コンクールの名古屋大会ピアノ部門高校の部本選が10月16日、名古屋市の今池ガスホールで行われ、審査の結果、今井が第1位となり、優勝を果たした。今井と第2位の稲葉の2人が11月25日から横浜みなとみらいホールで行われる全国大会への出場を決めた。 

審査結果は次の通り。

【第1位】
今井菜名子(名古屋市立菊里高3年)
【第2位】
稲葉詞美(名古屋市立菊里高2年)
【第3位】
公文美良(愛知県立明和高2年)

[2021/10/17]毎日新聞社が主催する、第75回全日本学生音楽コンクールの名古屋大会ピアノ部門中学校の部本選が10月16日、名古屋市の今池ガスホールで行われ、審査の結果、角谷が第1位となり、優勝を果たした。角谷と第2位の粂野の2人が11月25日から横浜みなとみらいホールで行われる全国大会への出場を決めた。 

審査結果は次の通り。

【第1位】
角谷春奈(碧南市立南中2年)
【第2位】
粂野心鞠(名古屋市立豊正中2年)
【第3位】
玉置知幸(名古屋市立桜田中2年)

[2021/10/17]毎日新聞社が主催する、第75回全日本学生音楽コンクールの名古屋大会ピアノ部門小学校の部本選が10月16日、名古屋市の今池ガスホールで行われ、審査の結果、吉川が第1位となり、優勝を果たした。吉川と第2位の村手の2人が11月25日から横浜みなとみらいホールで行われる全国大会への出場を決めた。 

審査結果は次の通り。

【第1位】

吉川恒希(日進市立梨の木小5年)
【第2位】
村手    響(可児市立東明小6年)
【第3位】
山口愛舞(江南市立古知野西小6年)

このページのトップヘ