文化的な日々

映画、音楽、美術、文学などについて、その日に鑑賞した感想等を中心に書いていましたが、現在は趣味が高じて、クラシック情報、しかもコンクール情報に特化した情報ブログにと変貌を遂げております。どうせ、この道に入ったのならと、日本一、最強コンクール情報ブログを目指す覚悟です。

未掲載のコンクール情報がありましたら、ご連絡下さい。
確認が取れたものについては、掲載させて頂きます。

[2021/11/30]大阪府の寝屋川市が主催する、アルカスジュニアピアノコンクール 2021(旧・寝屋川市アルカスピアノコンクール)の本選が11月27日と28日、同市のアルカスホールで行われ、審査の結果、高校生部門では、倉橋が第1位となり優勝を果たした。

審査結果は次の通り。

【第1位】
倉橋陽土
【第2位】 
豊下みゆき 
【第3位】
辻倉瑳禮 
【奨励賞】
城上千夏
宮川    栞

なお審査は、大橋邦康(相愛大講師)、岡本麻子(大阪教育大准教授)、河江 優(同志社女子大教授)、北野裕司(大阪音大教授)、中尾園子(大阪音大特任教授)、山本景子(相愛大講師)が担当した。

[2021/11/30]大阪府の寝屋川市が主催する、アルカスジュニアピアノコンクール 2021(旧・寝屋川市アルカスピアノコンクール)の本選が11月27日と28日、同市のアルカスホールで行われ、審査の結果、中学生部門では、阿部が第1位となり優勝を果たした。

審査結果は次の通り。

【第1位】
阿部めぶき
【第2位】
小倉茉桜
【第3位】
本川    希
【奨励賞】
答島鉄二
谷口結菜
道端拓海

なお審査は、大橋邦康(相愛大講師)、岡本麻子(大阪教育大准教授)、河江 優(同志社女子大教授)、北野裕司(大阪音大教授)、中尾園子(大阪音大特任教授)、山本景子(相愛大講師)が担当した。

[2021/11/30]毎日新聞社が主催する、第75回全日本学生音楽コンクール全国大会のチェロ部門高校の部が11月30日、横浜市の戸塚区民文化センターさくらプラザ・ホール(戸塚区総合庁舎4階)で行われ、審査の結果、西田が第1位となり優勝を飾った。

審査結果は次の通り。

【第1位】
西田    翔(桐朋女子高2年)=東京奨励賞
【第2位】
柴垣匠汰(長野県松本深志高1年)=東京1位
【第3位】
八木雪舟(桐朋女子高3年)=東京2位
【横浜市民賞】
西田    翔

[2021/11/30]第23回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA(同コンクール組織委員会主催)の大阪地区大会が11日27日と28日、大阪市淀川区のムラマツリサイタルホール新大阪で行われ、審査の結果、中学生以上では、大月ら27人が銅賞以上に入賞して、全国大会への進出を決めた。

審査結果は次の通り。

《中学生部門》
【金    賞】
道上歌里菜
佐藤凛央
【銀    賞】
清水結菜
高橋美優
藤本麻瑚
【銅    賞】
黒田彩華
松丸奏太
山本美玖
有馬実来
林    寛汰
【奨励賞】
大澤春奈

《高校生部門》
【金    賞】
神谷    天
【銀    賞】
梶谷    朱
志賀由梨
原田菜々子
【銅    賞】
池田芽依
中川瑞規
吉村紀香

《大学生部門》
【金    賞】
大月春乃
渡邉茉莉
【銀    賞】
井口結里
足立優衣
原口倫咲
【銅    賞】
西口優香

《ソロアーティスト部門》
【銀    賞】
濱    愛梨
【銅    賞】
北村祐子

《ショパニストA部門》
【金    賞】
渡邉茉莉
【銀    賞】
増田正典
【奨励賞】
國貞芽依

《ショパニストB部門》
【銅    賞】
山本紅葉

[2021/11/30]第23回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA(同コンクール組織委員会主催)の東京地区大会が11日27日と28日、東京都豊島区の南大塚ホールで行われ、審査の結果、中学生以上では、澤田ら24人が銅賞以上に入賞して、全国大会への進出を決めた。

審査結果は次の通り。

《中学生部門》
【金    賞】
岩田凌河
服部万花那
平山統久
【銀    賞】
小平紘光
渡邊裕貴
【銅    賞】
中山英明
藤井七星
日紫喜優花
【奨励賞】
増渕有佳子
鈴木紗瑛

《高校生部門》
【金    賞】
栗川七香
【銀    賞】
大野舞桜
佐藤政望
【銅    賞】
小糸創太
澤田乃絵
【奨励賞】
高畠わかな

《大学生部門》
【金    賞】
東出麻鈴
【銀    賞】
伊藤瑠華
田村    会
【奨励賞】
染谷夏音

《ソロアーティスト部門》
【金    賞】
澤田優衣
【銀    賞】
小林夏菜美
【奨励賞】
久保沙央里

《ショパニストA部門》
【金    賞】
高橋じゅのん
【銀    賞】
武田真幸
【銅    賞】
浅井美帆

《ショパニストB部門》
【金    賞】
阿部万里香
【銀    賞】
長島慶典
【銅    賞】
鶴岡三佳子

《ショパニストS部門》
【奨励賞】
中野洋美

[2021/11/30]第23回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA(同コンクール組織委員会主催)の埼玉地区大会が11日27日、埼玉県さいたま市のプラザイーストホールで行われ、審査の結果、中学生以上では、入岡ら12人が銅賞以上に入賞して、全国大会への進出を決めた。

審査結果は次の通り。

《中学生部門》
【金    賞】
雨川祥希
【銀    賞】
服部羽衣
【銅    賞】
中村頼人
梅田穏空
【奨励賞】
睫邂ν
寺田誠司
荒居結音

《高校生部門》
【銀    賞】
長林春那
【銅    賞】
松田風夏
宮澤総一朗
佐野瑠奏
【奨励賞】
千葉結理

《大学生部門》
【銀    賞】
吉田優香
【銅    賞】
篠宮まりの

《ショパニストA部門》
【奨励賞】
粉川恭子

《ショパニストB部門》
【銅    賞】
山里絵

《コンチェルトC部門》
【金    賞】
入岡美澪

[2021/11/30]おなじみのNHK-FM「ベスト・オブ・クラシック」(19:30〜21:10)の時間枠で、「ヴェルビエ音楽祭(2)」が放送される。案内は大林奈津子。

曲目は次の通り。
(NHK番組サイトから転載)

「『無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第3番 ホ長調』から『プレリュード』『ガヴォット・アン・ロンドー』『ジーグ』」
バッハ:作曲
ラフマニノフ:編曲
(ピアノ)ニコライ・ルガンスキー
(8分01秒)

「ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調 作品27第2『月光』」
ベートーベン:作曲
(ピアノ)ニコライ・ルガンスキー
(16分34秒)

「ピアノ・ソナタ 第32番 ハ短調 作品111」
ベートーベン:作曲
(ピアノ)ニコライ・ルガンスキー
(27分15秒)

「練習曲集『音の絵』作品33 から 第2曲 第5曲 第8曲」
ラフマニノフ:作曲
(ピアノ)ニコライ・ルガンスキー
(9分38秒)

「練習曲集『音の絵』作品39 から 第4曲 第5曲 第6曲」
ラフマニノフ:作曲
(ピアノ)ニコライ・ルガンスキー
(11分30秒)

「リラの花」
ラフマニノフ:作曲
(ピアノ)ニコライ・ルガンスキー
(2分15秒)

「幻想即興曲 嬰ハ短調 作品66」
ショパン:作曲
(ピアノ)ニコライ・ルガンスキー
(4分23秒)

「こもり歌」
チャイコフスキー:作曲
ラフマニノフ:編曲
(ピアノ)ニコライ・ルガンスキー
(4分18秒)

[2021/11/29]毎日新聞社が主催する、第75回全日本学生音楽コンクールの全国大会が11月25日に開幕、12月1日まで横浜市の戸塚区民文化センターさくらプラザ・ホール(戸塚区総合庁舎4階)で熱戦が繰り広げられている。第6日11月30日は、チェロ部門高校の部・大学の部が行われる。


全国大会出場予定のメンバーは次の通り。

■高校の部■

《東京大会》
【第1位】
野崎稜冬(桐朋女子高1年)
柴垣匠汰(長野県松本深志高1年)
【第2位】
八木雪舟(桐朋女子高3年)
【第3位】
松村かのん(東京芸大付属高2年)
【奨励賞】
西田    翔(桐朋女子高2年)
河田実聖(同3年)

《大阪大会》
【第1位】
服部碩希(神戸大付属中等教育学校4年)
島宗    楽(名古屋市立菊里高1年)
【第2位】
梅田真花(東京芸大付属高1年)

■大学の部■

《東京大会》
【第1位】
下島万乃(東京芸大大学院)
【第2位】
松谷壮一郎(東京芸大2年)
【第3位】
中山遥歌(桐朋学園大3年)
【入    選】
倉田俊祐(東京芸大1年)
利倉央次朗(東京音大3年)
大森朔光(東京芸大2年)
山本健太郎(東京音大大学院)
小松みゆう(桐朋学園大2年)
小粥麻莉菜(東京音大2年)
松本颯春(東京芸大2年)
小森    奏(同1年)

《大阪大会》
【第1位】
井上帆乃香(京都市立芸大2年)
【第2位】
安田果穂(名古屋県立芸大3年)
【第3位】
柏木    基(京都市立芸大4年)

[2021/11/29]毎日新聞社が主催する、第75回全日本学生音楽コンクール全国大会のヴァイオリン部門高校の部が11月29日、横浜市の戸塚区民文化センターさくらプラザ・ホール(戸塚区総合庁舎4階)で行われ、審査の結果、金子が第1位となり優勝を飾った。

審査結果は次の通り。

【第1位】
金子芽以(東京都立西高1年)=東京2位
【第2位】
大久保瑠名(桐朋学園大SD1年/慶應義塾女子高1年)=東京1位
【第3位】
清原百合乃(大分県立別府鶴見丘高2年)=北九州1位
【横浜市民賞】
西岡舞桜(帝塚山学院泉ヶ丘高1年)=大阪2位
【サントリー芸術財団名器特別賞】
金子芽以

[2021/11/29]各地のコンクール実行委員会が主催する、第12回日本バッハコンクールの名古屋後期地区大会が11月28日、名古屋市の熱田文化小劇場で行われ、審査の結果、中学生以上では、古川ら18人が優秀賞以上を受賞して、2月に東京のよみうり大手町ホールなどで行われる全国大会への進出を決めた。

審査結果は次の通り。
(中学生以上を掲載)

《中学A》
【優秀賞】
西村玲音
小山葵海
上原実和
小塚蒼太
赤木美友

《中学B》
【優秀賞】
出浦結華
西田奈生
相場 響
鈴木彩楽
角谷麻佑子
安田悠人

《高校A》
【優秀賞】
睫擴嵶
嶋田寧々

《高校B》
【優秀賞】
堀之内友惟

《大学・大学院》
【優秀賞】
古川菜々

《一般A》
【優秀賞】
小野恵子
江本真理

《一般B》
【優秀賞】
石川実希

このページのトップヘ